【投資】トライオートFXの「AUD/NZD」が安定の利益率!自動売買でおすすめの銘柄です!

投資に挑戦しはじめたけど、なかなか思ったように儲からないなぁ。

FX自動売買ってなんかあやしいけど、本当に利益出るの?

FX取引をやっていて、なかなか利益が伸びないと悩むことありませんか?

実はこの記事で紹介するトライオートFXの自動売買コース『AUD/NZD』を選択すると、誰でも簡単に安定した利益を出すことができます。

なぜなら僕も実際に1年以上「AUD/NZD」を運用して、64万円を元手に30万円以上の利益を確定することができたからです。

ということで本記事では、トライオートFXの「AUD/NZD」の特徴と実際に運用してきた実績についてご紹介します。

この記事を読むことで、FXの取引を始めて間もない方でも安定した利益を出せるようになりますよ

そもそもトライオートFXについてあまり分かってないという人は、過去にもトライオートFXについて詳しく説明した記事があるので、詳しくはそちらをご覧ください。

トライオートFXの「AUD/NZD」とは

ではまず「AUD/NZD」の特徴について説明しましょう。

オーストラリアは安定の資源国

まずオーストラリアは資源国として有名で、石炭、原油、鉄鉱石、天然ガス、ウラン等の天然資源に恵まれています。

特に鉄鉱石やボーキサイトは生産量世界一位となっており、その輸出産業によって国の経済は支えられています。

豊富な資源を有するということは、それだけ経済も安定するということ。

オーストラリアはこれまで堅調な経済成長率を見せており、今後もまた経済成長が続く見込みです

さらにオーストラリアは積極的な移民の受け入れも行っており、自然増加も伴ってアメリカやインドをしのぐ人口増加率となっています。

人口増加はこれからも続く見込みで、それに伴った経済の活発化も期待されています。

またオーストラリアは非常に平和な国としても知られています。

2020年の世界平和度指数ランキングでは第13位にランクインするなど世界でも有数の平和国で、諸外国に比べると治安が経済活動に及ぼす影響は高くないと考えられます。

ただ主な貿易相手は中国であり、中国の経済活動に影響されるという特徴もあります。中国では近年成長率の低下が懸念されているため、心配の種ともいえます。

ニュージーランドは中国やオーストラリアの影響を受けやすい

ニュージーランドも資源国と言われておりますが、オーストラリアとは違って鉱石や石炭などの天然資源はありません。

その代わり代表的な産業が酪農であり、酪農製品が資源と見ることができます。

そのためニュージーランドドルの価値は乳製品の価格に大きく影響されるという特徴があります。

ニュージランドは平和な国家としても知られており、2020年の世界平和度指数ランキングでは全世界で2位、オセアニアでは第1位を獲得しています。

戦争や内部紛争が経済状況にもたらす影響は、あまり高くないと言えそうですね。

また最大の貿易相手が中国、次いでオーストラリアとなっているおり、この2国が輸出額で占める割合は約40%。

どうしても中国とオーストラリアの経済状況にも大きく左右されてしまいます。

ニュージーランドドルの価格変動を考える時は、合わせてオーストラリアや中国の経済状況を確認する必要があるでしょう。

過去のチャートから見るAUD/NZDとは

上の画像は過去5年間の「AUDNZD」のチャートです。

こう見ると多少の上下変動はあるものの、およそレンジ相場を形成しており、安定した値動きをしていることがわかります。

上の画像は過去1年間の「AUD/JPY」と「NZD/JPY」を重ねて表示したものです。

タイミングによってずれはありますが、およそ2つの値動きが重なるのが分かるでしょう。

それほど2つの通貨ペアの相関関係が高く、「AUD/NZD」が安定した値動きをしているといえますね

安定した値動きをするということは、レンジ相場を形成しやすいということ。

すなわちFX自動売買で利益を取りやすい形ということができます。

実際のカネコの投資結果は?

安定の運用結果!平均の月利益率なんと約3%!

上のグラフは僕が実際に2019年からトライオートFXで運用を開始した「AUD/JPY」の確定利益の結果です。

2019年1月より19万円を元手に運用を開始しました。それから1年6ヶ月程経ちましたが、コロナ騒動も乗り越えて無事右肩上がりに利益が伸びております

上の表が実際の月ごとの利益額と、利益率になります。

月の平均の利益確定額は1万7,766円、平均の利益率はおよそ3%という結果になりました。

2020年の3月に9,200円の損失が出ていますが、これはコロナ騒動で大幅な相場変動があり、念の為いくつかのポジションを損切りしたためです

しかしそれ以外の時期では比較的安定して利益をあげることができており、1年半の運用で利益確定額が31万9,792万円、年利に換算すると33%の利率で運用することができております。

なかなか優秀な結果と言えるでしょう。

心配な点はスワップポイントの影響

ただ1点心配なのは、毎日のスワップポイントです。

トライオートFXの「AUD/NZD」では2020年7月2日時点では以下のスワップポイントがかかってきます。

「AUD/NZD」のスワップポイント
  • 買いポジション:1万通貨あたり-0.25pips (-17.5円)
  • 売りポジション:1万通貨あたり-0.05pips (-3.5円)

気付かれたでしょうか。

実は買いポジションでも売りポジションでも、どちらもマイナスのスワップポイントがかかってきます。

ポジションを保有すればするほどその影響は大きくなり、約定しても利益がほとんど残らないこともあります

まとめ

本記事ではトライオートFXの「AUD/NZD」について紹介してきました。

今回は割と順調な運用結果を報告することができました。

今の所両国の通貨ペアの関係は続くことが予想されますが、今後も安定した運用が続くと言い切ることはできません

常にリスクのことを考えながら情報収集を続け、分散投資を続ける必要がありますね。

くれぐれも大儲けする投資より、負けない投資を続けていきましょう。

それでは。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました