もう奥さんに怒られない!Googleカレンダーで奥さんと予定を共有する方法

旦那さん
旦那さん

今週の土曜、課長とゴルフにでかけてくるね。

奥さん
奥さん

今週の土曜日はだめよ。私は仕事があるって言ったじゃない。娘のピアノのレッスンに連れて行ってくれないと。

旦那さん
旦那さん

えーそうだったの!?いまさら断れないし、困ったなぁ。

奥さん
奥さん

もー土日だからって勝手に予定いれないでよ!

こんにちは、shufukaneko(@shufukaneko)です。

家族が増えればそれだけ予定も増えていきます。しかしなかなか予定が管理しきれず、土日に予定を入れてついつい夫婦の火種になってしまうことも。ケンカになることはなくても「予定の管理」は仕事と同じように家庭でも大事なことです。

実はこの記事で紹介するGoogleカレンダーによる「予定の管理」を行うと、誰でも簡単に奥さんと予定を共有でき、予定を入れてから奥さんに怒られることもなくなるはずです。

なぜなら、Googleカレンダーならひと目で家族の予定が把握できるからです。ということで本記事では「Googleカレンダーでの家族との予定の共有方法」をお伝えします。

shufukaneko
shufukaneko

えっ、怒られるのはうちだけって!?そ、そんなはずないと思うけど・・・とにかく予定の管理は重要!

スポンサーリンク

Googleカレンダーで予定を共有する理由

予定を共有するためのアプリはGoogleカレンダー以外にもたくさんありますし、スマホアプリにこだわらなくても手書きでカレンダーに書き込んでもいいわけです。

しかしGoogleカレンダーにこだわるには理由があります。もちろん便利機能が山ほどあり、それだけでもGoogleカレンダーにこだわる理由になります。ただ家族で予定を共有するのであれば、あえて以下の3つがこだわる理由として挙げられます。

Googleカレンダーにこだわる理由
  • ほぼリアルタイムで予定が共有できる
  • スマホでいつでも予定が確認できる
  • 重要なことはメモできる

ほぼリアルタイムで予定が共有できる

家族で予定を共有する場合、帰ってからカレンダーを見たり、話を聞いたりするのでは遅すぎます。なぜなら予定を入れてもっとも困るのが、断ることだからです。

予定を断ると、自分の予定だけでなく関わる人の予定まで変更になってしまい、迷惑がかかる可能性があるからです。だからこそ予定を入れるときは「リアルタイム」で他の家族の予定を共有できる必要があるのです。

スマホでいつでもどこでも予定が確認できる

Googleカレンダーなら基本的にいつでもどこでも予定が確認できます

スマホには無料でアプリを入れれますし、アプリをダウンロードしたくなければブラウザからもアクセスできます。またスマホだけでなく、インターネットに繋がっているパソコンがあればどこでも確認可能です。

これなら予定が空いているかどうか、家に帰らなくても、奥さんに聞かなくても分かります。

重要なことはメモできる

Googleカレンダーなら重要なことをメモできるという利点があります。予定だけでなく、一緒に知っておくべき情報まで共有できるわけです。

例えば、子どもの新しい習い事の体験に行くという予定があった場合、次のようなメモを共有できます。

重要なメモの例
  • 時間  17:00 ~ 18:00
  • 場所  駅前の〇〇ビル 3F 
  • 持ち物 手提げ袋、筆記用具、申込書 (書き込んで)
  • 金額  2,000円

スポンサーリンク

奥さんとGoogleカレンダーで予定を共有する方法

予定を共有する方法は全部で3種類あります。

種類
  • 予定ごとに共有する方法 → 「スマホでOK」
  • カレンダーごとに共有する方法 → 「パソコンのみ」
  • Gmailで共有する方法 → 「スマホでOK」

スマホで共有する場合は「予定ごとの共有」になります。パソコンでの作業が必要ですが「カレンダーごとの共有」なら毎回登録ごとの作業が必要ないため、おすすめです。

ちなみにGmailで登録する方法もあります。・・・

予定ごとに奥さんと共有する方法

旦那さんの方で予定を入れる場合、旦那さんが予定を入力する際に奥さんを追加する必要があります。奥さんの方には、メールで通知されるの同時にカレンダーに表示されます。

旦那さん側の設定

スマホのGoogleカレンダーアプリで「予定の作成」から予定を共有する方法
スマホのGoogleカレンダーアプリで「予定の作成」から予定を共有する方法

予定ごとに共有する方法は以下のとおりです。

スマホで予定ごとに共有する方法
  • ステップ1
    「+」をクリック

    スマホのGoogleカレンダーを開いたら、右下の「」をタップ

  • ステップ2
    予定を作成

    3種類の追加項目の中から「予定」をタップ

  • ステップ3
    ユーザーを追加

    予定を作成する際に、画面中央にある「ユーザーを追加」をタップ

  • ステップ4
    奥さんを選択

    追加するユーザーの中から「奥さん」をタップ

  • ステップ5
    予定の確定

    保存」をタップして、予定を確定します。

予定を確定すると、相手に招待メールを送るかの確認画面が表示されます。

Googleカレンダーの予定を共有した際の招待メール送信設定
Googleカレンダーの予定を共有した際の招待メール送信設定

メールを送っておくと、予定を見逃す可能性も低くなります。大事な用事なら必ずメールが送られるようにしましょう。

奥さん側のメール通知およびカレンダー表示

メールで届いた旦那さんの予定
メールで届いた旦那さんの予定

旦那さんが入れた予定がメールとして通知されます。参加するかどうかの返答をする項目がありますが、今回は予定の共有が目的なので返答をしなくれももんだいありません。

カレンダーごと奥さんと共有する方法

旦那さんのカレンダーを奥さんと共有する場合、旦那案側でカレンダーの設定したあとに、奥さん側でもカレンダーの追加を行う必要があります。

具体的な手順は次のとおりです。

旦那さん側の設定

パソコン版Googleカレンダーから共有したいカレンダーの「設定と共有」を選択
パソコン版Googleカレンダーから共有したいカレンダーの「設定と共有」を選択

パソコンのブラウザからGoogleカレンダーにアクセスしたら、奥さんと共有したいカレンダー右側のオーバーフローメニューから「設定と共有」を選択します。

カレンダー設定項目の「特定のユーザーとの共有」から「ユーザーを追加」を選択
カレンダー設定項目の「特定のユーザーとの共有」から「ユーザーを追加」を選択

設定項目の中の「特定のユーザーとの共有」から、「ユーザーを追加」を選択します。

ユーザーの追加画面で追加するユーザーと権限を選択
ユーザーの追加画面で追加するユーザーと権限を選択

ユーザーの追加画面が表示されたら、上のボックスでメールアドレスまたは名前で検索し、奥さんを追加します。さらに下のボックスで権限を設定します。選択できる権限は次の通りです。

  • 予定の表示 (時間枠のみ、詳細は非表示)
  • 予定の表示 (すべての予定の詳細)
  • 予定の変更 → おすすめ
  • 変更および共有の管理権限

おすすめは「予定の変更」です。お互いに詳細情報としてメモを書き込めるようになるため、情報共有もスムーズに行えるようになります。よければ「送信」をタップしましょう。

奥さん側の設定

パソコン版Googleカレンダーの他のカレンダーから「カレンダーに登録」を選択
パソコン版Googleカレンダーの他のカレンダーから「カレンダーに登録」を選択

次に奥さん側でもパソコン版のGoogleカレンダーからカレンダーの追加を行っていきます。まず左側メニューにある他のカレンダー横の「+」から「カレンダーに登録」を選択します。

「カレンダーを追加」画面で追加したいカレンダーを選択
「カレンダーを追加」画面で追加したいカレンダーを選択

カレンダーの追加画面が表示されるので、追加したい旦那さんのカレンダーを選択します。

カレンダーの追加と同時に表示されるカレンダー情報
カレンダーの追加と同時に表示されるカレンダー情報

すると「カレンダーが追加されました」のメッセージと共に追加されたカレンダーの情報が表示され、カレンダーの追加が完了です。ちなみに名前のところを旦那さんの名前に変えておくとわかりやすいです

カレンダーの月表示に追加されたカレンダーの情報が表示されている様子
カレンダーの月表示に追加されたカレンダーの情報が表示されている様子

上の画像のように、旦那さんのカレンダーの情報が表示されているのが分かります。ちなみにカレンダーの名前が変更が反映されない場合は、キーボードのF5キーを押して、再読み込みを行ってください。

上の画像で「課長とゴルフ」という予定が2つ重なって登録されているの理由は、

  • 予定作成時にユーザー追加
  • カレンダーにユーザー追加

の両方を行ったからです。実際に奥さんと予定を共有する場合はどちらか一方のみで、ユーザー追加を行ってください

これ以降は旦那さんが予定を入れたタイミングで、奥さんのスマホでも確認ができるようになります。

shufukaneko
shufukaneko

奥さんの予定を旦那さんのスマホに表示されるようにしておけば、お互いの予定がリアルタイムで把握できますね。

スポンサーリンク

予定を共有しやすくなるおすすめ設定

Googleカレンダーは少し設定加えるだけで、奥さんと予定を共有しやすくなります。おすすめ設定は以下の2つです。

予定を共有しやすくなるおすすめ設定
  • カレンダーに予定が追加されたタイミングの通知を設定する
  • カレンダーを人ごとに色を変える

カレンダーに予定が追加されたタイミングの通知を設定する

Googleカレンダーによる奥さんとの予定の共有の弱点は、カレンダーを開かないと予定の把握が難しいところです。普段からカレンダーを見る習慣がない奥さんなどは、せっかく旦那さんが予定を入力しても気づかずに過ぎていく可能性もあります。

そこで利用したいのがカレンダーの通知機能です。この設定を奥さん側で行うことで、旦那さんが予定を追加したら奥さんの方に自動で通知が行くようになります。具体的な方法は次の通りです。

通知機能を設定したいカレンダーのオーバーフローメニューから「設定」を選択
通知機能を設定したいカレンダーのオーバーフローメニューから「設定」を選択

パソコン版のGoogleカレンダーから旦那さんのカレンダーのオーバーフローメニューを開いて「設定」を選択します。

「予定の通知」-「その他の通知」から通知を選定
「予定の通知」-「その他の通知」から通知を選定

左側メニューの「予定の通知」から「その他の通知」に進み、通知内容を設定します。おすすめは次の3つです。

  • 新しい予定 → 予定が追加されたタイミングで通知
  • 予定の変更 → 予定が変更されたタイミングで通知
  • 予定のキャンセル → カレンダー内の予定がキャンセルされたタイミングで通知

これで予定を見逃すことがなくなるでしょう。

カレンダーを人ごとに色を変える

家族が増えればそれだけ予定も増え、カレンダー内がごちゃごちゃなってしまいます。そんなときのために「色」を変更します。

もちろん予定ごとに色を変えることも可能ですが、人ごとにカレンダーを作成してカレンダーの色を変更しておくのがおすすめです。例えば、

色を変える例
  • 旦那さん  → 「茶色」
  • 奥さん   → 「ピンク」
  • 娘     → 「黄色」
  • 家族の用事 → 「緑」

実際のカレンダー次の画像のように表示されます。

家族ごとに用事に色をつけて表示
家族ごとに用事に色をつけて表示

これならパット見て誰がいつ予定が入っているかが分かりますね。

スポンサーリンク

奥さんとこんな予定を共有できる

Googleカレンダーを使えば、次のような予定を奥さんと共有できます。

共有する予定の例 (旦那さん)
  • 仕事の終了時刻
  • 会社の飲み会
  • 休日の用事
  • 家族旅行の予定

特に時間で区切られるような勤務 (病院や警察、工場、消防署等) の場合は、予定の把握がとても楽になります。帰ってくる時間も分かりやすいですね。

shufukaneko
shufukaneko

ご飯の準備をするにも旦那さんのお仕事の時間は知っておきたいですよね。

共有する予定の例 (奥さん)
  • パートのシフト
  • 子どもの習い事の予定
  • 自分の休日の用事
  • ゴミ捨ての日

お子さんの習い事の予定や部活の試合などの予定を入れておくと、旦那さんとも連携が取りやすいです。またご自身のお仕事の時間やゴミ捨ての日を共有しておくのもおすすめです。

shufukaneko
shufukaneko

ゴミ捨ての日を入力しておけば、旦那さんが捨てに行ってくれる回数も増えるかもしれませんよ。

ちなみに子どもの学校のプリントなどは、「Slack」を活用して共有すると効率的ですよ!詳しくは以下の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

まとめ

本記事では奥さんとGoogleカレンダーで予定を共有する方法について解説してきました。

奥さんと予定を共有するのは、あくまでお互いの予定を尊重するという前提で、予定が重なってしまうことを防ぐためです。お互いの行動を監視しあって、束縛することが目的ではありませんから、そこだけはお間違えのないようにしてください。

ちなみに共有設定をしないカレンダーを作っておけば、奥さんに知られずに予定を入れることも可能です。使う場合は相手のことを大切に考え、傷つけることがないように利用して下さいね。

スポンサーリンク

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました