Tポイントで投資!SBIネオモバイル証券なら1株から買える?評判やキャンペーン情報も解説

投資未経験者
投資未経験者

SBIネオモバイル証券ならTポイントで投資できるって見たけど、本当にTポイントだけで投資できるの?どれくらいのポイントがあれば買えるの?

投資初心者
投資初心者

SBIネオモバイル証券で1株ずつ買えるって聞いたけど、株主優待や配当金をもらうこともできるのかな?

こんにちは、shufukaneko(@shufukaneko)です。本記事では上のような悩みを解決します。

本記事の内容
  • SBIネオモバイル証券とは
  • SBIネオモバイル証券の特徴
  • 株主優待・配当金について
  • SBIネオモバイル証券の評判・口コミ
  • SBIネオモバイル証券の入出金方法
  • SBIネオモバイル証券で実施中のキャンペーン

SBIネオモバイル証券では次のような特徴があります。

  • Tポイントで「株」を1株から購入できる
  • ひとかぶIPOでIPOにも1株から参加できる
  • 定期買付が100円からできる
  • 1株の保有でも株主優待や配当金がもらえる

これらの特徴を上手に使うことで、投資経験の浅い人やまとまったお金を準備するのが難しい人でも、気軽に投資に参加できます。おまけに配当金や株主優待といった投資家特有の不労収入を生み出すことも可能です

ただし実際に株を購入する際の注意点等もあるため、ぜひ記事をチェックしてもらえるうれしいです。

SBIネオモバイル証券 口座開設

この記事を書いている僕は、こんな人です。投資を始めてから10年以上経ちました。いろいろと試してきて、経験だけはそれなりに長いです。今は投資によって稼いだお金のおかげで生活できています。

この記事のおすすめの人
  • まとまったお金を準備するのが難しい人
  • 少ない額で投資を行ってみたい人
  • 株主優待や配当金を狙っている人
  • Tポイントを投資に回したい人
  • 小さく始めて長期的に運用していきたい人

こんな人はぜひチェックしてみてください。

またポイントを使った投資については以下の記事でも紹介していますので、よかったらご覧ください。

SBIネオモバイル証券とは?

SBIネオモバイル証券とはSBIグループのネット専門の証券会社で、大手ネット証券会社の「SBI証券」とTポイントサービス等の運営を行っているマーケティング会社の「CCCマーケティング」が共同で出資して作った会社です。

各業界の大手の会社同士が手を組み、それぞれのネット証券とTポイントという得意分野を活かしたサービスが展開されていますね

カネコ
カネコ

最近、よくインターネット広告でも見かけますよね。

SBIネオモバイル証券の基本情報

SBIネオモバイル証券は2018年に創業したばかりの会社です。しかし2019年4月の開業からわずか11か月程度、2020年3月時点で開設口座数が30万口座を突破しています (※参考:SBIネオモバイル証券プレスリリース) 。

現在急成長中の証券会社として、今後の活躍が期待される企業といえます

会社名株式会社 SBIネオモバイル証券
設立2018年10月30日
所在地東京都港区六本木1-6-1
資本金21億円
登録番号関東財務局長(金商)第3125号
加入協会日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会
役員代表取締役会長 髙村 正人、代表取締役社長 小川 裕之
参考:SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券の特徴

SBIネオモバイル証券には次のような特徴があります。

SBIネオモバイル証券の特徴
  • Tポイントを使って「株」が買える
  • 株取引の手数料は0円でかかるのは月額サービス料のみ
  • ひとかぶIPOで手軽にIPOに参加できる
  • 定期買付が100円から設定OK
  • 商品ラインナップがシンプル

まさにネット証券とTポイントのいいとこ取りといったところでしょうか。それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

>>>公式サイトはこちらからSBIネオモバイル証券

Tポイントを使って「株」が買える

まずなんといってもTポイントを使って「株」を買えるというのが、もっとも大きな特徴です。

ポイントで投資を行うため、自分の資金を持ち出す必要がありません。資産を減らすリスクを負わずに投資が行えるため、投資未経験者や初心者にとっては最適なサービスといえるでしょう

カネコ
カネコ

使わずに貯めているTポイントを有効に使えそう!

また株の購入にはまとまったお金が必要だと思うかもしれませんが、SBIネオモバイル証券で購入できる単位1株から。通常、国内で株式を購入する単位は「100株単位」なため、「1株単位」で購入できると必要な資金も100分の1で済むことになります

100株単位と1株単位で株を購入する際の比較

例えば株価2,000円の会社の株を購入する場合

100株単位>  2,000円 × 100株 = 20万円

1株単位>    2,000円 × 1株 = 2,000円

  つまり最低でも100株単位で購入する場合は20万円の資金が必要ですが、1株単位で購入する場合は2,000円から始められます。 

ちなみに500円以下で購入できる会社もたくさんあります。株価が500円以下の会社でいうと、代表的な企業に次のような会社があります。

証券コード会社名株価
7201日産自動車413.2円
8306三菱UFJ438.8円
5020ENEOS410.1円
(※2020年9月11日終値を参考)

カネコ
カネコ

これならTポイントだけでも株主になれますね。

Tポイントを使った投資先については以下の記事でも紹介してますので、よかったらご覧下さい。

株取引の手数料は0円、月額サービス料のみ

SBIネオモバイル証券では口座開設や口座維持費、株の取引に費用がかからない代わりに、サービス利用料がかかってきます。サービス利用料の料金体系は次のようになっています。

月の株取引約定代金の合計サービス利用料 (税抜)
0円 ~ 50万円以下200円
50万円超 ~ 300万円以下1,000円
300万円超 ~ 500万円以下3,000円
500万円超 ~ 1,000万円以下5,000円
以下、約定代金100万円ごとに1,000円 (税抜) が追加されます。

月に何回株の取引を行っても、サービス利用料しかかかりません。しかし問題はこのサービス手数料が高いのか安いのかということです。以下に1株から購入できる証券会社の株購入手数料を示します。

証券会社サービス名手数料500円で1株購入する場合
の手数料 (税抜)
500円で1株を10回購入する場合
の手数料の手数料 (税抜)
マネックス証券ワン株0.5% (最低48円)48円48円 × 10回 = 480円
SBI証券S株 0.5% (最低50円)50円50円 × 10回 = 500円
auカブコム証券プチ株0.5% (最低48円)48円48円 × 10回 = 480円
LINE証券相対取引日中 : 0.05%
夜間 : 0.5%
日中 : 0.25円
夜間 : 2.5円
日中 : 2.5円
夜間 : 25円

こう見るとLINE証券の手数料が圧倒的に安いことがわかりますね。

上に挙げた証券会社の中でLINE証券を除く証券会社では、1回の約定代金がおよそ1万円までは50円程度の手数料で済みます。つまり、

  • 1万円以下の取引を4回以下しか行わないのであればSBIネオモバイル証券は「割高」
  • 1万円以下の取引を5回以上行うのであればSBIネオモバイル証券は「割安」

といえます。ざっくりと「1株単位でたくさん取引をする人は、SBIネオモバイル証券でお得に取引できる」という捉えで間違いありません。ちなみにSBIネオモバイル証券では、取引を1回も行わなくてもサービス利用料がかかってくるため注意は必要です

カネコ
カネコ

ちなみに1株ずつ買えるので、少額での買付で銘柄を分散させて行うのがリスクも少なくおすすめです。

ひとかぶIPOでIPO投資にも参加できる

SBIネオモバイル証券では「ひとかぶIPO」といって、1株単位でIPOに申し込めるシステムがあります。

IPOとは

新規公開株とも呼ばれ、まだ上場されていない上場予定の株を購入ですることです。IPOに投資する手法は、高い確率で勝てる投資方法として知られています。なぜなら上場する多くの企業の初値が、公募価格を上回るからです。2019年に新規上場されたのは90銘柄ですが、その内77銘柄で初値が公募価格を上回りました。つまり8割以上の確率で公開と同時に売り注文を出せば、利益を出せたということになります

ただしIPOを購入するには、次のようなハードルがあります。

IPOを購入する際のハードル
  • 購入には抽選に当たる必要がある
  • 抽選に申し込むのにまとまった金額が必要になる

申し込めば必ず買えるというものでもないし、そもそも申し込むのにまとまった金額が必要となるため、参加には一定のハードルがあるのが現実です

しかし「ひとかぶIPO」であれば、資金の確保が難しい若年層や投資初心者などでも参加できます。なぜなら次のような特徴があるからです。

「ひとかぶIPO」の特徴
  • IPOも1株単位での買付が可能
  • 抽選方法は完全抽選で一部が優遇枠。※優遇枠は若年層(20~30代)、口座の長期継続保有者(3ヵ月以上)

1株単位の購入で少額から参加できるため、余裕資金が少なくてもIPOに参加できます。さらに抽選方法が運のみで決まる完全抽選なうえに、若年層に有利な優遇枠もあるため、20~30代の投資家を力強くサポートしてくれるでしょう。

定期買付が100円から設定OK

SBIネオモバイル証券では100円から定期買付ができます。

定期買付には次のようなメリットがあります。

米国30の平均利回り
  • 一時的な値動きに一喜一憂しなくなる
  • 買付タイミングに迷わなくてすむ
  • ドルコスト平均法とも呼ばれる投資手法で、平均取得額を小さくする効果がある

買付作業をする手間も省けるため、よほどの値下がりがない限りほったらかしにしておけば知らない間に金融資産が膨らんでいることになります。長期的な資産運用としてはぴったりですね。

カネコ
カネコ

投資の基本は「長期・分散・積立」ですからね!

商品ラインナップがシンプル

SBIネオモバイル証券で取り扱っている金融商品は次の5種類です。

米国30の平均利回り
  • 国内株式
  • FX
  • ひとかぶIPO
  • iDeco (SBI証券のサービス)
  • WealthNavi for ネオモバ

多くの証券会社で扱っているような外国株式や投資信託といった商品の取り扱いはなく、シンプルな商品構成です。ただシンプルなだけ初心者でも迷うことがなく、使いやすいといえます

ただしTポイントが利用できるのは国内株式とFXのみです。まずはこの2つのサービスを試してみるのをおすすめします。

ちなみに自分で運用することに不安な人は、すべて任せきりにできるWealthNaviがおすすめです。WealthNaviは私も過去の運用実績をすべて公開していますので、よかったら参考にしてください。

>>>公式サイトはこちらから 手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用【ウェルスナビ】

SBIネオモバイル証券で株主優待はもらえるの?

結論、株主優待はもらえます

株取引の楽しみの1つに株主優待があります。企業から株主に対してサービスの割引券や商品券、商品などが送られるため、株主優待目的で株取引をしても楽しいですね。

もちろんSBIネオモバイル証券で株取引を行っても株主優待を獲得することは可能です。ただし注意点が2つあります。

株主優待を狙う際の注意点
  • 権利確定日に株を保有している
  • 規定の株数を保有している

まずは株主優待を獲得するには、権利の確定日に株を保有している必要があります。短期で売買を繰り返していると、権利確定日に保有できていない可能性も出てきます。株主優待を狙うなら、必ず権利確定日を確認しましょう

また株主優待を獲得するには規定の株数を保有している必要があります規定数が100株となっていれば、1株単位で保有していても株主優待を獲得することはできません

カネコ
カネコ

せっかく株主優待が欲しくて株を買ったのに、1株じゃ対象外ってこともありますね。

では1株のみで株主優待を獲得できる銘柄はないのでしょうか。

いやいや、たくさんありますよ。以下が1株の保有でも株主優待がもらえる代表的な企業です。

見出し
  • 上新電機 (買い物券5,000円相当)
  • パソナグループ (30%優待食事割引券)
  • ジャパンベストレスキューシステム (キッザニア優待券)
  • 三菱マテリアル (割引サービス)

1株であれば少額で保有できるうえ、Tポイントを利用すれば無料で株主優待を獲得することもできます。リスクが小さくリターンが大きいため、特に初心者は狙い目の投資ですね。

SBIネオモバイル証券で配当金はもらえるの?

結論、株の保有数が100株だろうが1株だろうが保有株数に応じた配当金がもらえます

株主優待と同じく株取引の楽しみとして株主への配当金があります。定期的にもらえる配当金は、嬉しい不労収入といえますね。

配当金の例

例えば1株あたりの配当金が20円の株を保有していた場合

  • 1株保有で20円
  • 100株保有で2,000円

カネコ
カネコ

少しずつ保有資産を増やしていけば、将来は不労収入だけで生活することも夢じゃありません。

配当金の回数は企業によって異なりますが、多くの会社では年に2回の配当金を出しています。業績によって配当金が増える増配、配当金が減る減配なども発生します。

特に減配が行われる時は業績が悪化していることが多いため、注意が必要です。業績の改善が見られそうにないなら、早めに手放すことも考えましょう。

SBIネオモバイル証券の評判や口コミは?

TwitterではSBIネオモバイル証券に関連したツイートが数多く見られました。

やはり1株から買えることの手軽さに魅力を感じている人は多いようです。中には毎日1株ずつ購入するという手法を実践してみえる方もいましたよ。

またTポイントで買えるというメリットも大きいようです。ポイントもお金と同様に浪費をせずに投資に回すべきという意見があり、非常に参考になりますね。

FX口座の開設キャンペーンで、Tポイントを獲得した報告も多く見られます。上手に使えば、資金を持ち出さずに大きな利益を生み出すのも夢ではありませんね。

一方で、Tポイントの使いみちとして少し否定的なツイートも見られます。Tポイントは利用できる場面も非常に多いです。投資に限らずに、活用方法を考えることも大事なことかもしれません

SBIネオモバイル証券の入金・出金方法は?

入金方法は「即時入金」と「銀行振込」

入金を行う方法は次の2通りの方法があります。

  • 即時入金・・・手数料無料でかつ口座への反映もほぼリアルタイム。利用できるのは住信SBIネット銀行のみ
  • 銀行振込・・・どこの銀行からでも可能ですが、振込手数料が発生する場合がある事前に手続きが必要

特に理由がなければ、即時入金の方が手数料もかからず、利便性が高いです。SBIネオモバイル証券を利用するなら、一緒に住信SBIネット銀行の口座も開設しておくといいでしょう

ちなみにクレジットカードやTマネーを利用した買付はできないため、注意しましょう。

出金は1,000以上1円単位で銀行振込

出金を行う際は、1,000以上1円単位で銀行振込になります。ちなみに出金可能額が1,000円未満だった場合は、全額出金のみ選択できます。

出金にかかる手数料は無料で、毎営業日15:30までに出金手続きが完了すれば、翌営業日に振り込まれます。

今のキャンペーンは?

毎月一律200ポイントもらえる常設キャンペーンが実施中

SBIネオモバイル証券では常設キャンペーンとして毎月一律Tポイントを200ポイント獲得できるキャンペーンを実施しています

毎月手数料が最低でも220円 (税込) かかってきますが、ほぼポイントとして返ってくるイメージです。実質取引手数料が無料になっているようなものですね

ただし獲得したポイントは手数料の支払いには当てられず、株式や投資信託を購入にのみ使えます

FX口座を開設すると200ポイントもらえる常設キャンペーンも実施中

こちらも常設キャンペーンとして、FX口座を開設時に一律Tポイントを200ポイント獲得できるキャンペーンが実施されています

実際の取引を行わなくても、口座を開設するのみで200ポイントもらえます。キャンペーンはいずれ変更や中止になる可能性もあるため、とりあえずFX口座を開設しておくというのもありでしょう

まとめ

本記事ではSBIネオモバイル証券について開設してきました。

SBIネオモバイル証券なら1株からの取引で手軽に投資を始められるうえ、Tポイントが毎月200ポイントもらえ、サービス利用料の200円が返ってきます。実質20円の負担のみで取引できるのは大きなポイントですね。

またどうせ1株ずつ買うなら、まずは株主優待を獲得できる銘柄から狙ってみましょう。少ない金額で優待をもらえば、投資の楽しさがきっと味わえます。

これを機にぜひSBIネオモバイル証券で投資デビューをしてみてはどうでしょうか。

>>>公式サイトはこちらからSBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券 口座開設
タイトルとURLをコピーしました