【2021年最新】幼児向け通信教育人気の11社を徹底比較!詳しくはこちら

【口コミ・評判】RISU算数をブログで徹底レビュー!話題の先取り教材の効果やデメリットは?

RISU算数ってどうなの?
先取りできるの?
効果は高そうだけどデメリットはない?

こんにちは、shufukaneko(@shufukaneko)です。今回は上のような悩みを解決します。

RISU算数は今話題の算数に特化した通信教材。各メディアでも取り上げられていて、算数オリンピックでの金メダル受賞者も出しています!

難関中学の合格実績も♪

わが家でも長女(小2)がRISU算数を利用しましたが、率直な感想として

無理なく取り組めて、間違いなく算数の力が伸びる

と感じました!具体的な感想は次のとおりです。

良かった感想(口コミ・評判)
悪かった感想(口コミ・評判)
  • 余計なヒントや解説が入らない
  • ステージ制でノルマ感がない
  • 解説が分かりやすい
  • 動画フォローが嬉しい
  • 問題量が豊富
  • 忘れた頃に自動で復習できる
  • 間違えるともう一度考えられる
  • 細かなメールでのフォロー
  • プレゼントがシンプル
  • タッチペンの操作性は高くない
  • 子どもを引きつける魅力ある工夫は少ない

特に「算数が得意な人」だけでなく、「算数が苦手な人」のための工夫がたくさんあることが分かりました

ということで本ブログ記事では、RISU算数を検討しているパパ・ママ向けに

  • RISU算数の利用してみた感想
  • RISU算数のデメリット&効果
  • RISU算数を受講するときの注意点

について詳しく紹介します!会員限定の特典も紹介していますので、ぜひチェックしてください♪

当サイト限定のコードで、お試し体験が利用可能!
通常なら1年33,000円かかるRISU算数を、1週間無料で体験できます
※お試し後に返品する場合は、手数料1,800円(税込1,980円)がかかります。

申込みの際に、キャンペーンコード【ari07a】を登録してください!

人数50名限定!
早期に終了する可能性もあるのでお早めにお試しください♪

\通常できない1週間体験ができる!/


幼児向けのRISUきっずについて知りたい方は以下の記事を御覧ください。

この記事を書いた人
プロフィール画像
shufukaneko
  • 元小学校の先生
  • 3人娘のパパ
  • 通信教材マニアで試した教材は10種類以上

Twitter:@shufukaneko

目次(タッチで移動できます)

【前提】RISU算数は先取り効果の高い特化型のタブレット教材

そもそもRISU算数ってどんな教材なの?

まずRISU算数をよく知らない人のために、かんたんに説明。

RISU算数とは「算数に特化したタブレット教材」です。

国語や理科・社会といった教科の学習はなく、手書きの教材もありません。基本的にタブレット1台で算数を学習するものになります。

唯一の算数に特化したタブレット教材です!

タブレット教材によくあるゲームの要素はなく、あくまで算数の学力を上げることを目的とした教材!問題の質はかなり高く、公開されている実績もかなり優秀です。

RISU算数受講者の実績

難関塾模試での実績

  • 『四谷大塚』全国統一小学生テスト|日本1位
  • 『SAPIX』組分けテスト 日本1位
  • 『英進館』新学期学力診断テスト 日本1位
  • 算数オリンピック金メダル (2020年 自宅開催)
    など

難関中学合格

  • 早稲田中学(偏差値72)
  • 筑波大付属中学(偏差値71)
  • 市川中学(偏差値66)
    など

すごい実績ね!

RISU算数は2014年12月にスタートしたばかりの新しいタブレット教材。新時代の教育教材ですね。

運営会社の概要

項目内容
会社名RISU Japan株式会社
住所〒113-0033 東京都文京区本郷3-21-8 ケイアイビル6F
資本金7,000万円
設立日2014年7月16日
役員代表取締役 今木 智隆
連絡先問い合わせフォーム

【口コミ・評判】RISU算数をブログで徹底レビュー|2年生長女が使って効果を実感しました♪

さっそくですが、RISU算数を使ってみた感想です。

シンプルだけどかなり質が高く、効果の高さを実感しました!

こりゃ頭良くなるわ、って感じですね。

良かった感想(口コミ・評判)

RISU算数の良かった感想

RISU算数は教材の質が高く、子どもの学習効果を高くするための工夫がたくさんありました

良かった感想(口コミ・評判)
  • 余計なヒントや解説が入らない
  • ステージ制でノルマ感がない
  • 解説が分かりやすい!
  • チューターによる動画フォローが嬉しい!
  • 問題量が豊富
  • 忘れた頃に復習問題がでる
  • 間違えた問題はもう一度考えられる
  • 細かなメールでのフォローがある
  • プレゼントがシンプルで良い

良かった点①余計なヒントや解説が入らない

RISU算数では、問題を解くときにヒントや解説が入りません

基本的な流れ

まずステージから問題を選びます。

空欄を選択

問題が表示されるので、答えを入力する空欄を選択。

入力したい数字をタッチ

数字パネルをタッチして、答えを入力します。

「こたえあわせ」をタッチ

「こたえあわせ」をタッチ。

結果が表示されます。

問題を考える途中で、解説やヒントは一切ないです。

分かっていることを説明されるのは、子どもにとっては退屈。せっかく集中していても、テンポが途切れるんです。

解説が入っても聞いていないことが多いのよね(汗)

その点、RISU算数ならテンポ良くサクサク進みます。1問あたり5分もあればクリアできますよ。

無駄な時間が減って、学習時間が濃くなります!

もちろん必要ならいつでも解説やフォロー動画が見られます!

問題の途中で解説が入らないので、集中力が途切れず、短時間で取り組める

良かった点②ステージ制でノルマ感がない

ステージ制

RISU算数は「ステージ制」になっていて、前のステージをクリアすると次に進むシステムです。

  • 1日に取り組む回数
  • 月に取り組む内容

が決まっていないので、子どもにとってノルマ感がありません。やる気があれば、どんどん進んで内容を先取りできます!

やらされる感がないので、子どもやりたくなるんです!

わが家では1日3問(10分~15分)と決めてスタート!やる気に応じて1問しかやらないことも。ただ、次の日に「昨日の分もやろー。」と自分で調整していました♪

選べるステージも1つだけではありません。

  • 図形
  • 計算
  • 時計

など興味に合わせて内容を選べるので、子どものやる気も持続できます!

子どもの興味・関心に合わせて進められるので、やる気が持続する

良かった点③解説が分かりやすい!

RISU算数では、問題の途中で解説は入らないけど必要なときはいつでも見られます。

そして、これが分かりやすい

解説の例(2ケタのたし算の筆算)

たし算の解説1

初めに問題を示したら、

たし算の解説2

考え方に沿って、順に解説してくれます。適度なアニメーションもあって、シンプルだけど分かりやすい!

たし算の解説3

つまずきそうなポイント(※上の例だと繰り上がりの計算)は、しっかり解説されています。

たし算の解説4

画面が切り替わらずに、1画面で解説が完結。全体の思考の流れをかんたんに把握できます。

初めてステージに挑戦する際は自動で解説が入りますが、途中でスキップしてもOK!問題がスモールステップで進むので、解きながら理解を深めることも可能です。

もちろん困ったときはいつでも振り返れます。

算数が苦手な人も安心して取り組めます!

不安な場所はいつでも分かりやすい解説で振り返れて、理解を深められます

良かった点④チューターによる動画フォローが嬉しい!

RISU算数では、問題の解説とは別にトップ学生によるフォロー動画が届けられます。

娘はチューターさんからの動画が大好きでした!

動画は子どもの取組状況に合わせて届けられ、冒頭では

「〇〇が終わったね、おめでとう!よくがんばったね!」

といった励ましの言葉が。子どもは先生にほめてもらえている気分で、とっても嬉しくなります

娘もいつの間にかお気に入りの先生ができて「今日も〇〇先生からのメッセージだった!」と喜んでいました。

動画内のワンポイント解説

動画の中には、ワンポイントの解説も。この解説もとっても分かりやすいので、オススメです。

温かいメッセージ入りのフォロー動画で、子どものモチベーションもアップ

良かった点⑤問題量が豊富

RISU算数は問題の量がかなり豊富です!

算数では計算力を定着させるには、どうしても繰り返しの練習が必要。豊富な問題量で、しっかり定着できるのもRISU算数の大きなメリットです

1年生の「答えが10までのたし算」を例として、通信教育大手のチャレンジタッチと比べてみましょう。

チャレンジタッチのたし算

上の画像は、チャレンジタッチ1年生の6月号の内容です。

全14回のメインレッスンで、1回あたり2~8問。合計約70問の練習量が含まれています。

タブレット教材でも、結構練習するのね!

ただ計算力をしっかり定着させるには十分とは言えません。

次にRISU算数を見てみましょう。

「答えが10までのたし算」は2ステージ50回分で合計150問の練習量が確保されています

練習量の違い

教材名答えが10までのたし算練習量
チャレンジタッチ約70問
RISU算数約150問

倍以上ちがうのね!

問題はスモールステップで進んでいき、解きながら理解していく構成です。文章題や応用問題も豊富で、たしかな思考力が身に付きますよ

豊富な練習量で、確かな算数の力が身に付く!

良かった点⑥忘れた頃に復習問題がでる

娘が「2けたのたし算の問題」に取り組んでいると、突然「時計の問題」が出ることがありました。

娘はビックリしながらも、以前に勉強した内容を「たしか・・・」と思い出しながらクリア!実はこれ、RISU算数のシステムが、わざと復習問題を出題しているんです

どうしても1回の勉強では忘れちゃいますからね。

出題されるのは、次の2パターン。

 ・忘れた頃に、大事な問題をもう一度出題
 ・学習結果に応じて、成績が悪かった問題をもう一度出題

大事だと分かっていても、復習に取り組むのはかんたんではありません。ただ突然1問だけ復習問題がでると、子どもは嫌がらずに解くんですよね。

しかも復習問題では、がんばりポイントがいつもよりたくさんもらえます!(※がんばりポイント:ためるとプレゼントと交換できる)

これなら嫌がらずに復習できそう♪

苦手な単元の克服にも役立つこと間違いなし!

良かった点⑦間違えた問題はもう一度考えられる

RISU算数の楽しい仕掛けをもう1つ。問題を解いて「こたえあわせ」ボタンを押すと、突然下のような画面が表示されます。

たまにおこる採点ミス

よく読むと採点ミスで、100点じゃないのに100点と表示してしまったとのこと。

採点ミスという表示

もちろんこれもRISU算数の工夫で、間違った場所を自分で探すという仕組みです。つまり「自分の間違い」を「機械の間違い」と置き換えて、探せるんです!

間違いにもバツがつかないので、子どもの自尊心を傷つけることなく、自分の間違いに気付けます。

子どもってバツがつくと「やりたくない」ってなるからね。

間違い探しの感覚なら、楽しく直せますね!

自分の間違いすら楽しく直せる点は、RISU算数ならではの工夫です♪

間違いもRISU算数の仕組みで、楽しく直せる

良かった点⑧細かなメールでのフォローがある

子どもが学習に取り組むと、状況に合わせた細かなフォローメールが届きます。

フォローメール

RISU算数は子どもだけでどんどん進めていけるため、気付くと子どもがどんな勉強をしているか分からないことも。

そんなときは、フォローメールで学んでいる内容を把握できます。またメールには、

  • 取り組んでいる問題の画像
  • 単元のアドバイス
  • 子どもへの声掛け例

などいろいろな情報が載せられており、子どもへの声掛けのきっかけにも!共働きで近くにいれないご家庭も「こんなことがんばったんだね」関われます。

親がいつも見てくれるという安心感が大事ですね

メールと同時に子どものタブレットには、がんばりを認めるコメント動画が送られます!

動画は、パソコンやスマートフォンからも見られます。

メールやコメント動画で子どもだけでなく、親のフォローもしてもらえる

良かった点⑨プレゼントがシンプルで良い

RISU算数には、ステージのクリアでもらえるがんばりポイントが設定されています。進研ゼミやZ会でいう「努力賞ポイント」で、おもちゃや文房具と交換できます。

ただ他の通信教材と異なるのが、プレゼントがシンプルだということ

がんばりポイントでもらえるプレゼント

おもちゃ等はほぼないので、子どもの目標にはしづらいですね。

プレゼントを目標にがんばるよりは、努力を重ねた証としてちょっとしたプレゼントがもらえるという扱いです。

個人的にはご褒美目的で勉強をやらせることにはあまり賛成でないため、RISU算数のシンプルなプレゼントがかなり丁度いいと感じました!

交換できるプレゼント一覧(2021年度版)

プレゼント名交換に必要なポイント数 
あたまの体操8,000 
 スペシャルかぎ5個セット1,200 
スペシャルかぎ10個セット2,000
 iPhone8 250,000
コンパクトそうがんきょう15,000
ハローキティノート2さつセット6,500
けいこうマーカー3本セット9,800
色えんぴつ24色セット17,000
ルービックキューブ15,000
ポケモンノート2さつセット6,500
サンリオキャラクターズふせん8,000
ラプンチェルリングノート9,800
カドケシ6,500
アーチ消しゴム2個セット6,500
 モノゼロ ノック式消しゴム 9,800
クルトガ0.5mm ブルー6,500
ラプンツェル シャープペン0.3mm8,000
すみっコぐらしミニタオル8,000
ワードバスケット17,000
ナノブロック ゼニガメ15,000
ナノブロック ピカチュー15,000
恐竜発掘キット15,000
ミッケ!第1巻8,000



ちなみにがんばりポイントは、

  • ログイン
  • 問題のクリア

で獲得でき、「復習問題」を解くとさらに多くのポイントを獲得できます。

娘が平日に2~3個がんばって、1ヶ月で約1,500ポイントたまりましたよ!

プレゼントがシンプルで、おもちゃなどがない

悪かった感想(口コミ・評判)

RISU算数の悪かった感想

良い感想ばかりではなく、悪いと感じた点についても隠さずお伝えしましょう。

悪かった感想(口コミ・評判)
  • タッチペンの操作性は高くない
  • 子どもを引きつける魅力ある工夫は少ない

悪かった点①タッチペンの操作性は高くない

RISU算数のタブレット操作に使うタッチペンの操作性は、それほどよくありません

RISU算数で利用するタッチペンがこちら。

短めのペンの先に、伝導性のゴムが付いています。適度の重さがあって持ちやすいですが、子どもにとっては少し持ちづらいかも。

三角や六角形でえんぴつと同じ持ち方ができると嬉しいんですけどね。

RISU算数のタッチペンで書く様子

またペン先が丸くなっているため、書くときにはかなり違和感があります。慣れるのに時間がかかるかもしれませんね。

他社のタッチペン

参考までに、上の画像が他のタブレット教材のタッチペンです。

  • チャレンジタッチ
    → 持ちやすい三角の形で、持ち手にゴムが巻いてあります
  • スマイルゼミ
    → ペン先が細く、えんぴつと似た書き心地を実現しています

他の会社と比べると、RISUのタッチペンは見劣りするわね。

ただRISU算数での回答は基本的に選択のため、気にならない人は問題ありません。

悪かった点②子どもを引きつける魅力ある工夫は少ない

RISU算数はよくも悪くもシンプル。多くのタブレット教材のように、子どもの目を引くアニメーションやイラストは少ないです

多くのタブレット教材には

 ・ゲーム
 ・期間限定の動画コンテンツ
 ・ご褒美プレゼント
 ・キャラクター

など、子どもが喜ぶコンテンツが多くあります。タブレットを開くきっかけになったり、楽しんで勉強できることも少なくありません。

ただゲームなどが入っていると、学習中についつい集中できなかったり、他事に時間を使ったりすることも

チャレンジタッチのホーム画面

上の画像はチャレンジタッチのホーム画面です。かなりにぎやかで子どもは喜びそうですが、勉強以外の誘惑もいっぱいあります。

タブレットを開いてから勉強を始めるまでに、1時間かかることもありますね。

RISU算数の画面

一方、RISU算数には子どもを誘惑する要素がほとんどありません!ゲーム等もないため、自然と勉強に集中できます。

ただ子どもによってはモチベーションを高める工夫が必要な場合も。

こまめに励ましたり、学習習慣を身に付けさせたりするなど、子どもが勉強に取り組めるようなサポートがあるといいですね!

【口コミ・評判】RISU算数のデメリット&効果もブログで公開!

RISU算数は、唯一の算数に特化したタブレット教材!当然メリットがあれば、デメリットもあります。

RISUを検討するのであれば、しっかりと押さえておきましょう。

RISU算数を利用するデメリット

RISU算数のデメリットには次のものがあります。

RISU算数のデメリット
  • 書く力は育たない
  • 料金の仕組みが複雑
  • 子どものやる気の維持が難しい
  • 算数しか学べない

デメリット①書く力は育たない

RISU算数では「書く力」は伸びません

学校生活において、

 ・早く書く力
 ・正しく書く力
 ・読みやすく書く力

は、とても重要な力です。勉強はもちろん生活の場面においても書く力が必要となる場面は多くあります。

RISU算数の回答は選択式

ただRISU算数は「算数に特化した教材」ということもあり、回答はすべて選択式。書く練習をする機会はほぼありません

ただし、全てをタブレット学習に求める必要はありません!

たしかにRISU算数で書く力は伸びませんが、

  • 学校のドリル学習
  • 市販のドリル
  • その他習い事

など、書く力を養う機会は多くあります。

特に低学年など書く力を伸ばしたい時期は、市販のドリルを併用する等工夫してあげるといいでしょう。

デメリット②料金の仕組みが複雑

RISU算数は、料金の仕組みが複雑で分かりにくいです。

料金の計算式

 料金 = 基本料金(2,750円/月) + 利用料金

基本料金は一定で、ひと月あたり2,750円です。ただ利用料金が変動制で、以下の表のような決まり方をします。

利用料金の決まり方

月平均
クリアステージ数
利用料金
(税込)
基本料金+
利用料金
1.0未満0円2,750円
1.0以上~1.3未満1,100円3,850円
1.3以上~1.5未満1,650円4,400円
1.5以上~2.0未満3,300円6,050円
2.0以上~2.5未満5,500円8,250円
2.5以上~3.0未満7,700円10,450円
3ステージ以上9,350円
(上限)
12,100円

??

分からないですよね。

基本は2,750円でOK。たくさんやれば最大12,100円まで高くなる

と思っておけば問題ありません!

ただ工夫すればタブレット教材最安レベルで利用することも可能です!

詳しい料金や安く利用するためのポイントは、以下の記事で解説しています。気になる方はチェックしてみてください。

デメリット③子どものやる気の維持がむずかしい

上でも書いたとおり子どもの目を引くような工夫が少ないため、やる気の維持がむずかしいです

ただ逆にいうと、家庭学習の習慣ができている子どもなら、なんなく取り組めます

誘惑がないので、自然と集中できますよ!

またスモールステップで学習が進むため、子どもにとってハードルも高くありません。採点も自動でサクサク進むので、ゲーム感覚で取り組めます!

デメリット④算数しか学べない

RISU算数は、算数に特化した教材のため、理科や社会など他の教材については学べません

教材の質の高さは疑う余地がないですが

  • 漢字
  • 理科や社会
  • プログラミング
  • 英語

など、いろいろやりたい人にとって大きなデメリットといえます。

まず何のために教材を利用するかをはっきりさせるのが重要ですね!

逆に

  • 「算数の力をのばしたい」
  • 「算数を得意科目にしたい」

という人には、これ以上無い選択肢になるのは間違いありませんよ!

RISU算数の効果

RISU算数には、特化型教材ならではの大きな効果があります。

RISU算数の効果
  • 先取りができる
  • 復習ができる
  • 算数的思考力が身に付く
  • 読解力が身に付く

効果①先取りができる

どんどん先取りできる

RISU算数は取り組み内容が無学年のステージ制。内容をクリアするとどんどん進んで学習内容の先取りができます

学習内容の先取りって、実は良いことがいっぱいなんです♪

先取りの効果

  • 授業の内容がよく分かって、テストの点数もUP
  • 自分に自信が持て、自己肯定感が高まる
  • さらにがんばるきっかけになり、学校が楽しくなる

中学受験を考えているなら、高学年で受験勉強の時間を確保するためにも、ぜひ先取りしておくといいでしょう。

ちなみに算数検定で1学年以上を先取り受験して合格すると、受験費が全額助成されます。

効果②復習ができる

何回でも復習できる

RISU算数は、何回でも繰り返し復習できます

つまずいた所を何度でも復習できるのは、タブレット学習の良さですね。

練習すればするほど、算数は定着できます。さらに間違えた問題は自動で復習問題としてピックアップされるため、苦手分野の克服にもピッタリです。

ちなみに復習問題はどれだけやっても利用料金「0円」!クリアステージにも加算されないため、安く利用するためのポイントでもあります。

復習問題の活用法

  • 学校のテスト前に復習
  • テストで悪かった単元をおさらい
  • 夏休み・冬休みの学習として総復習
  • つまずいた単元の対策(3ケタの割り算でつまずいたら、1ケタ2ケタの割り算を復習)

いつでも復習し放題なのはRISUの大きな特徴です!ぜひ有効に活用しましょう。

効果③算数的思考力が身に付く

RISU算数はスモールステップで基礎的な力もしっかり身に付きますが、思考力を問うような応用問題も出題されます

文章問題も豊富に出題されるほか、特に楽しいのがスペシャル問題

スペシャル問題

算数パズルのような問題ですが、論理的に考えながら答えを導く算数的思考力が養われます。

頭をひねる様子

ひらめきが必要な問題もあったりして、意外と大人より子どものほうが解けたりしますね。

かなり脳をひねる良問ぞろいですよ!

ちなみに上の問題分かりますか?正解はこちら↓↓

スペシャル問題の内容は「RISU算数のスペシャル問題をブログで公開!」でも詳しく解説されています。チャレンジしてみると楽しいですよ!

効果④読解力が身に付く

RISU算数では、計算力や思考力だけでなく「読解力」も身に付きます

読解力はどの教科にとっても重要な力。「問題文に何が書かれているかを正確に理解すること」は、問題を解くうえで不可欠なものといえます。

長い文だと、問題に何が書かれているかよく分からなくなるのよね。

ドリル学習のような、ただ計算を繰り返す勉強法では読解力は身に付かないんです。

思考停止でただドリルをやっても、論理的な思考力は高まりません!

筆算練習にも文章題が付くことも

RISU算数をやると、文章題がたくさん用意されていることに気付きます!上の画像だと、筆算の練習にも文章題が付いていますね。

これにはきちんと理由があります。公式サイトには次の案内がありました。

国語力も伸びる算数レッスン!
RISUの教材1学年分には、国語の教科書1年分の文章量が入っています。
※小学1年生範囲の算数に、10,000文字を超える文章題を収録。
 (標準的な国語教科書約1年分に相当)

引用:RISU – 学び相談室

計算問題だけでなく文章題もバランスよく扱うことで、問題文の意味を理解し、論理的に思考する力が育つようになっています

もちろんRISUで養った読解力や思考力は、算数以外にも役立ちますよ!

RISU算数の注意点

RISU算数を利用する際は、次の2点に注意しましょう。

注意点①12ヶ月一括払い契約しかない

RISU算数では「12ヶ月一括払い」の契約しかありません

多くの通信教材では、

  • 毎月払い
  • 6ヶ月一括払い
  • 12ヶ月一括払い

と支払い方法を選択できますが、RISU算数は12ヶ月一括払いのみです。

実際に契約すると、すぐに1年分の基本料金33,000円が引き落とされ、以後に毎月利用料金を支払うことになります。

独特の支払い方法に驚かないよう、知っておくといいでしょう。

注意点②途中解約しても返金対応はなし

RISU算数では、途中解約しても返金対応はありません

利用いていると、なかなか続かないことや子どもが興味を示さなくなることもあります。もちろんいつでも解約可能で、解約金等もかかりません。

ただし、未使用月分の料金が返ってくるわけではないので、早く解約するだけ損です

子どもが続けられなくなったら、困るわね。

そこで利用したいのが「休会」です。

「休会」の特徴

  • 新しいステージには挑戦できなくなる
  • 復習問題は自由に取り組める
  • 月々の利用料金はかからない
  • 休会した分だけ契約期間が伸びる
  • 休会中は月額550円が別にかかる

休会中でも復習問題には取り組めるので、子どもの利用状況に応じてよりお得に利用できます!

忙しい期間はあえて「休会」するのもあり。子どものやる気に合わせて再スタートしてもいいですね!

休会については、以下の記事の中で詳しく解説しています。

RISU算数なら会員限定特典もたくさん♪

RISU算数には、会員ならではの特典もたくさんあります!

特典①算数検定の受験料全額助成

算数検定

RISU算数は算数検定と提携していて、条件を満たすと受験費の全額助成を受けられます(個人受験で受験費はおよそ3,000円)

無料で受験できるなんてお得ね!

受験費の全額助成条件

  • 1学年以上うえの階級を受験
  • 検定に合格する

日頃の努力が形になる喜びを知れば、自分で勉強できる子に!子どもに自信を付けさせるためにもオススメですよ!

特典②「オーディオブック」の3ヶ月無料クーポン

オーディオブックの特典

本を聴けるアプリ「オーディオブック」の3ヶ月無料クーポンが利用できます

通常なら「月550円~」の利用料なので、合計1,650円以上のお得に!通勤や家事をしながらでも、本の内容をインプットできます。

本の種類

  • ビジネス本
  • 実用書
  • 自己啓発本
  • 語学学習の本
    など

サービスの詳細は公式サイトで。自分磨きや情報収集にもおすすめですよ!

特典③「スタジオマリオ」でフォトフォルダープレゼント!

スタジオマリオの特典

スタジオマリオで撮影した人全員に、3,240円のフォトフォルダーがプレゼントされます

全国に350店舗展開しているフォトスタジオで、お宮参りや七五三に利用している人も多いのでは。

オトクな特典、ぜひ利用して下さい!

特典④手ぶらBBQ「HERO」平日デザート無料クーポンプレゼント

HEROの特典

関東を中心とした手ブレBBQのお店「HERO」のクーポンです。

平日のデザートが無料でもらえます。ご家族やグループでのおでかけにぴったりです!

RISU算数はこんな人にオススメ!

RISU算数がオススメな人

  • 算数を得意科目としたい人
  • 算数の苦手を克服したい人
  • 中学受験を予定している人
  • 将来活躍できる力を養いたい人

RISU算数はステージ制で個人の力に合わせて進められるため、

  • 算数を好きな人が「先取り」でさらに磨きをかける
  • 算数を苦手な人が「スモールステップ」で克服する

のどちらにも活用でき、算数に力を入れたい人にはぜひオススメです。

また中学受験をする人は「先取り」は必須!ぜひ豊富な応用問題にも挑戦して、活用力を伸ばしておくといいでしょう。

算数・数学検定も受験に有利になることがありますよ!

また公的機関でも算数・数学の重要性は繰り返し語られています。これからの社会で算数・数学の力が必要不可欠な能力なのは間違いありません!

基礎的読解力、数学的思考力などの基盤的な学力や情報活用能力を、すべての児童生徒が習得

引用:文部科学省 – Society5.0に向けた人材育成に係る大臣懇談会

全ての大学・高専生(約 50 万人卒/年)が、課程にて初級レベルの数理・デー
タサイエンス・AIを習得

引用:内閣府 – イノベーション政策強化推進のための有識者会議「AI戦略」(AI戦略実行会議)

この第四次産業革命を主導し、さらにその限界すら超えて先へと進むために、どうし
ても欠かすことのできない科学が、三つある。
それは、第一に数学、第二に数学、そして第三に数学である!

引用:経済産業省 – 理数系人材の産業界での活躍に向けた意見交換会の報告書『数理資本主義の時代~数学パワーが世界を変える~』

AI等の高度なプログラミング能力は、数学により飛躍的に高まると言われています。「理数系人材」のニーズが高まっているのも当然ですね。

算数ってこんなに大事って、知らなかった(汗)

もちろん日本だけでなく、世界でも算数・数学を重視する傾向はかなり強いです!

イギリスでは、経済に与える影響が高いものとして、数学を重視しており、2018年には、「The Era of Mathematics(「数学の時代」)」とのレポートが出され、数学による英国経済への貢献度は約2,000億ポンド(GVAの16%)、雇用の10%と試算。


その他の先進国においても同様の試算がなされており、フランスは、数学による経済への貢献度が約2,850億ユーロ(GNP(国民総生産)の約15%、雇用の9%)、オランダやオーストラリアにおいては、数学等の経済効果が、GVAの10%から15%程度のレンジとされている。

アメリカのPhD(数理科学)修了者数は、ここ数年増加傾向にあり、日本の10倍以上。なかでも産業界へ進む者が年々増え、2016年には全体の約30%となっている。

引用:文部科学省・経済産業省 – 数理資本主義の時代

数学を学んだ人の方が年収が高くなるという調査結果もあるんです!

そんな算数・数学において、唯一の特化教材がRISU算数!ぜひRISU算数で、子どもの未来の才能を輝かせてみてはいかがですか?

RISU算数を検討中なら無料のお試しキャンペーンがオススメ

質の高い教材と、効果の大きさに疑う余地はありません。ただ心配なのが「12ヶ月一括払いしかない」という点。

続けられるか不安もあるわ。

そこで利用したいのが「無料のお試しキャンペーン」です。

RISU算数の公式サイトから申し込むとすぐに契約となります。ただ当サイトのボタンから登録してクーポンコードを入力すると、1週間の無料体験ができます

直接申し込むと損!ぜひ一週間の無料体験をお試し下さい♪

当サイト限定のコードで、お試し体験が利用可能!
通常なら1年33,000円かかるRISU算数を、1週間無料で体験できます
※お試し後に返品する場合は、手数料1,800円(税込1,980円)がかかります。

申込みの際に、キャンペーンコード【ari07a】を登録してください!

人数50名限定!
早期に終了する可能性もあるのでお早めにお試しください♪

\通常できない1週間体験ができる!/


最後までお読みいただきありがとうございます!!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

記事が参考になったという方は  ↑↑↑  ぜひ応援よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(タッチで移動できます)
閉じる