【0円投資】LINEポイントでも運用できる!スマホだけで運用できるLINE証券の魅力4つを徹底解説!

最近LINEを使うとLINE証券の広告が表示されるけど、LINE証券ってなんなの?

LINE証券で1株から購入できるって聞いたけど、手数料は高いのかな?

こんにちは、カネコ(@shufukaneko)です。

スマホアプリのLINEを浸かっていると、LINE証券の広告が表示されるようになりました。なんとなく見過ごして、きっと多くの人が気に留めることなく消しているでしょう。

でもLINE証券って実は他の多くの証券会社とはちがって、すごい特徴があるんです。

>>>公式サイトはこちらから LINE証券

            LINE証券口座開設

LINE証券の特徴
  • 株式が1株から買える!
  • LINEポイントで投資ができる!
  • すべての手続がスマホで完了する等

この他にもまだまだ魅力がたっぷり。ということで本記事では、LINE証券の魅力と気になる手数料、キャンペーン情報について解説していきたいと思います

この記事をよんだらLINE証券で口座開設したくなること間違いなし。ますますLINEが手放せなくなりますよ。ちなみにポイント投資については以下の記事でも解説していますので、よかったらご覧ください。

LINE 証券とは

LINE証券とはスマホアプリのLINEを展開しているLINE株式会社の関連会社で、国内株式のほかETFやREIT、投資信託などの金融商品も取り扱っています。

資産形成層と呼ばれる30代~40代をターゲットにスマホで完結できるような投資サービスを展開。入金には「LINE PAY」やLINEのポイントが使えるなど、LINEアプリケーションとの連携も大きな特徴の1つといえるでしょう

カネコ
カネコ

たしかに最近はLINEからいろんなことができて、LINEPayもよく使うもんなぁ。

ちなみに為替取引であるFXをサービスは取り扱っておらず、別にFXサービスを展開する「LINE FX」があります。

LINE 証券の魅力

LINE証券には次のような魅力があります。

LINE証券の魅力
  • 1株から株式が買える
  • LINEポイントを使って投資ができる
  • ETFやREIT、投資信託にも投資ができる
  • 口座開設もすべてスマホで完結

ひとつずつ確認していきましょう。

1株から株式が買える

まず1点目の魅力は、「1株から株式が買える」という点です。

通常株式を買う場合、購入する単位が決まっています。売買単位と呼ばれ、現在国内株式については100株単位で統一されております。

例えば、「ソフトバンクグループ」は1株あたり「6,572 (2020年8月26日時点) 」です。これを購入しようと思うと、6,572円 × 100株 = 657,200円

およそ65万円が必要になるわけです。

カネコ
カネコ

確かに株式に投資をしてみたいけど、65万をすぐには出すのは難しいですよね。

しかしLINE証券では、銘柄に限りはあるものの1株から購入でき、少ない金額からでも投資を始められます。お金に余裕がない若い世代や、子どもにお金がかかる世代にとっては嬉しい限りです。

例えば「ソフトバンクグループ」の株なら6,572円でいいわけです。

カネコ
カネコ

6,572円なら、お小遣いでも出せる!

ちなみに1株単位で購入できる銘柄には次のようなものがあります。

  • 6504 富士電機
  • 7259 アイシン精機
  • 7518 ネットワンシステムズ
  • 7912 大日本印刷
  • 8233 高島屋
  • 8252 丸井グループ
  • 8253 クレディセゾン
  • 8282 ケーズホールディングス
  • 8410 セブン銀行
  • 8630 SOMPOホールディングス等

もちろんソフトバンクグループの株も購入できますよ。

LINEポイントを使って投資ができる

2つ目の魅力は「LINEポイントを使って投資できる」ということ。

LINEポイントは1ポイント = 1円として商品の支払いに利用できます。例えばコンビニでジュースを買う場合でも、支払いに使えます。とっても便利ですよね。

なんとLINE証券では同様に、LINEポイントを投資に使えます。ポイントを投資に使えるメリットは、なんといってもリスク0で投資ができるということ。

上手に運用できればジュース1本分のポイントがジュース2本分のポイントになるかもしれないし、さらに長期間投資し続けられれば本や雑誌を買えるだけのポイントになるかもしれません。

仮に運用がうまくいかず、損失が出てしまったとしても減るのはポイントのみであり、実際の資産が減るリスクはありません

shufukaneko
shufukaneko

実際にPayPayでポイントを使ったボーナス運用をおよそ4か月やっているけど、2020年8月26日現在、運用成績は右肩上がりだよ。

ETFやREIT、投資信託も買える

3つ目の魅力は「株式以外にもETFやREIT、投資信託も買える」という点です。

株式の取引において難しいのは「銘柄の選び方」です。仮に1株から株式を買えたとしても、どの銘柄を買っていいかよく分かりませんよね。

投資において名著といわれる「ウォール街のランダム・ウォーカー」の中でも

「目隠しをしたサルに、新聞の相場欄めがけてダーツを投げさせ、銘柄を選んでも、専門家が注意深く選んだ銘柄とさほど変わらぬ運用成果を上げられる」

という有名な文面で表現されるほど、株式の銘柄選びはプロでも難しいものなのです

カネコ
カネコ

株式の選び方って、本当に難しいですよね。四季報の見方もまったく分かりません。

そこで利用したいのが、ETFや投資信託といった金融商品。投資信託とは、かんたんにいうとファンドにお金を預けていろいろな株式の運用を行ってもらう金融商品です。またETFとは上場投資信託といい、リアルタイムで価格が変動する投資信託といったイメージです。

ETFや投資信託の中には、経済指標に連動するような金融商品もあり、個別の会社の業績に左右されづらいため、分かりやすくリスクヘッジにもなるでしょう

shufukankeo
shufukankeo

インデックス投資の商品は維持費 (報酬費) も安くって、長期投資には特におすすめです。

ちなみにREITとは不動産に投資する金融商品で、他のETFと同様に売買できます。一般的に株式投資よりも配当利回りがよく、手間なく不動産投資ができるという特徴あります

口座開設もすべてスマホで完結

4つ目の魅力は「口座開設もすべてスマホで完結できる」という点です。

スマホアプリのLINEらしく、すべての手続がスマホで完結します。もちろん本人確認書類やマイナンバー確認書類の提出も含めてです

投資を行ったことがない人にとって、かんたんに始められるというのは大きなポイントでしょう。

LINE証券の手数料

現物取引

LINE証券では株式の現物買付にかかる手数料は「無料」です。売却する際には手数料がかかりますが、それでも業界最安水準の手数料となります。

LINE証券の株式売買にかかる手数料

相対取引

LINE証券で株式の売買をする場合、多くはこちらの相対取引になると思います。単元未満 (100株未満) の株取引などは相対取引となり、手数料はかかりません

ただし、LINE証券によって提示される価格は基準価格に取引コストとして、スプレッドを乗せる方式を採用しています。

■9:00-11:20、12:30-14:50

 取引所(東証)の最良気配を基準に0.05%*のスプレッドを加減算します。

 ■11:30-12:20

 前場終値に0.05%*のスプレッドを加減算します。ただし終値引けのみ対象となります。

 ■17:00~21:00

 翌日基準値段に0.5%*のスプレッドを加減算します。

LINE証券公式サイト(https://line-sec.co.jp/)より引用

投資信託

LINE証券で投信信託の売買をする場合、手数料はいっさいかかりません

ただし銘柄によって運用手数料がかかってきますので、目論見書をよく確認しましょう。

入出金手数料

LINE証券への入金は次の方法があります。

LINE証券への入金方法
  • LINEPayからの入金 → 無料
  • クイック入金 → 無料
  • 銀行振込みによる入金 → 有料

「LINEPayからの入金」、および指定銀行のオンラインバンキングを利用した「クイック入金」だと入金手数料は無料になります。一方「銀行振込による入金」を利用すると、利用した金融機関に応じた手数料が発生します

続いてLINE証券からの出金には次のような方法があります。

LINE証券からの出金方法
  • LINEPayへの出金 → 無料
  • 銀行口座への出金 → 220円

LINEPayへの出金は手数料無料で行えます。ただLINEPayへのチャージ限度額以内での出金しか行えないので、注意が必要です。

一方銀行口座への出金は220円の手数料が発生します。また名義人が違う口座へは出金できないので気をつけましょう。

LINE証券で実施中のキャンペーン

LINE証券では2020年8月26日現在、新しく口座を開設した人を対象に、かんたんな2問の問題に答えて、2問とも正解なら3株分、1問正解なら2株分の購入代金が獲得できるキャンペーンを実施しています。

1株700円だとしたら、3株で2,100円になります。キャンペーンが終了すると使えなくなるので、新しく口座を開設した人は、なるべく早く株を購入するようにしましょう。

ちなみにキャンペーンの終了時期は発表されていません。気になる方は、こまめにチェックすることをおすすめします。

さらに今なら同時に「LINE FX」の口座開設と取引も行えば、上のキャンペーンと合わせて最大約8,000円が獲得できます。取引も1取引でいいので、口座開設に迷っている方は今がチャンスですよ。

まとめ

本記事ではLINE証券の魅力についてお伝えしてきました。

数ある投資の種類の中でももっともリスクを抑えて運用できる投資が、今回紹介したような「ポイント投資」です。ポイントを元手に投資を行うことで、実質リスク0で大きなリターンを狙えます

特にLINEPayで作れるクレジットカードは大きな還元率が魅力なうえ、LINEPay自体も税金の支払いなどにも利用できます。バーコード決済サービスの中でも、もっともポイントが溜まりやすいサービスといえるでしょう

ぜひたまったポイントは浪費せずに、LINE証券で未来へ投資してみてはいかがでしょうか。

>>>公式サイトはこちらから LINE証券 今ならお得なキャンペーン中!!

            LINE証券口座開設

タイトルとURLをコピーしました