DIY初心者でも簡単!100均の材料でおしゃれ植物棚を作る方法を紹介!

こんにちは、shufukaneko(@shufukaneko)です。

みなさんはお家で観葉植物を育てていますか?観葉植物っていいですよね、家の中でも自然を感じられて。また少しずつ育っていく様子にもとっても癒やされます。

わが家では観葉植物を育てており、リビングでは300円で買った「カポック」と知り合いにもらった「ベゴニア」、それから子どもが水の中で育てている「朝顔」があります。

どの植物もなるべく日当たりを良くするために、いつもプランターを窓際に置いています。

床に置かれた観葉植物
床に置かれた観葉植物

これはこれでいいのですが、子どもがけって水がこぼれるし、掃除がしずらくてホコリがたまるしで悩んでいました。なにせ見た目がよくありませんから。

shufukaneko
shufukaneko

本当は買いたかったんですけど、植物を置けるような棚って結構高いんですよね。

そこで100均で材料を買って、思い切って植物を置く用の棚を作りました!実際に作った棚はこちら。

制作した植物用の棚
制作した植物用の棚

いかにも簡単そうですよね。でも筋交い入りで、植物を置く程度なら強度的にはバッチリです。ということで、本記事では実際に作成した上の棚の作り方を紹介させていただきます。

材料費は330円 (税込み)しかかかりませんし、DIY初心者でもできるかんたん作業ばっかりですよ!

この記事のおすすめの人
  • 窓際に植物を置いている人
  • 植物を置く用の棚を探している人
  • DIYを始めてみたいと考えている人

こんな人はぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

おしゃれ植物棚を作り方①:材料

植物棚を作るのに必要な材料
植物棚を作るのに必要な材料

観葉植物の棚を作るのに必要となる材料は次の3つです。

材料
  • 工作材料 板材 600mm × 6mm × 120mm
  • 工作材料 角棒 910mm × 9mm × 9mm 2本セット
  • 釘セット

合計材料費 330円 (税込み)

今回利用した材料はすべて100均のダイソーで販売されているものです。かかった材料費は、合計330円木材などの材料は、ダイソーが一番品揃えが良い印象ですね

shufukaneko
shufukaneko

DIY用の材料はだいたいダイソーですね。デザインにこだわったおしゃれなものを買いたいときなどは、セリアにいくことが多いですが。

スポンサーリンク

おしゃれ植物棚を作り方②:道具

植物棚を作るのに使った道具
植物棚を作るのに使った道具

利用した道具は次のものです。

道具
  • 金づち
  • メジャー
  • 折りたたみのこぎり
  • 木工用ボンド
  • 電動ドリル → 下穴用

今回はすべて手持ちの道具を利用しました。決して高価な道具は必要ありませんので、もしなければ材料と一緒にダイソーで手に入れることをおすすめします。

shufukaneko
shufukaneko

最近はダイソーでも扱っている工具が豊富ですからね。

ちなみに利用しているのこぎりは下のもの。折りたためて持ち運べるうえに、とっても切りやすいです。使わない時は折りたため、しかも勝手に開かないようにロックもついているので、安全性も抜群!おすすめですよ。

shufukaneko
shufukaneko

ちなみにいつもは趣味のキャンプに持っていって、拾ってきた長い枝を切りそろえるのに使っています!

また安くてもいいので、電動ドライバーは1つ持っておくと非常に便利です。DIY作業の時間がかなり削減できます。

スポンサーリンク

おしゃれ植物棚を作り方③:手順

植物棚を作るには次の手順で行います。

おしゃれ植物棚を作る手順
  • ①長さを測って線を引く
  • ②木材を切る
  • ③木工用ボンドで接着する
  • ④釘を打つ
  • ⑤板をはめ込んで完成

複雑な作業は、面倒な工程はまったくありません。どれも簡単に行える作業ばかりです。では手順を1つずつ見ていきましょう。

手順①長さを測って線を引く

長さを測って木材に線を引く
長さを測って木材に線を引く

必要な木材の長さを測って、角棒に線を引いていきます。必要な木材は次の通り。

必要となる木材
  • 13cm × 6本
  • 20cm × 4本
  • 6cm × 4本

91cmの長さで販売している角棒2本から余りが出ないように使い切れば、上の長さの木材をちょうど切り出せますね。

手順②木材を切る

角材をのこぎりで切断する
角材をのこぎりで切断する

次に木材を切っていきます。のこぎりを使って、木材の断面がガタガタになると出来上がりも歪んでしまいます。ゆっくりでいいので、丁寧にきるようにしましょう

shufukaneko
shufukaneko

くれぐれもケガがないように注意してくださいね。

切断された角棒
切断された角棒

切り終えたら、こんな感じになります。

手順③木工用ボンドで接着する

木工用ボンドで接着して作る枠
木工用ボンドで接着して作る枠

次は上の画像のように角棒を組んで、木工用ボンドで接着していきます。上の2本の棒の間は7.5mmです。といっても7.5mmの間隔をしっかりと測って接着するのは難しいですよね。

そんなときに使いたいのが「1円玉」です。

5枚重ねた1円玉
5枚重ねた1円玉

1円玉の厚さは1枚で約1.5mmあります。これを利用すると、5枚重ねて挟み込めば7.5mmの間隔を空けられるようになります

shufukaneko
shufukaneko

枚数で幅を調整できるうえに、固くて歪みもしません。

DIYをするときに硬貨を挟み込む技、結構使えますよ!

1円玉5枚を重ねて挟んで正確に間隔を空ける
1円玉5枚を重ねて挟んで正確に間隔を空ける

こんな感じで1円玉を挟み込み、木材と木材をしっかりと接着したら、木工用ボンドが乾くまで1時間ほど待ちます

手順④釘を打つ

釘を打つ前にドリルで下穴を空ける
釘を打つ前にドリルで下穴を空ける

木工用ボンドがしっかりと乾いたら、釘を打って木材を固定していきます。そのまま釘を打ってもいいですが、100均の木材は薄かったり細かったりするので、釘で割れてしまう可能性があります。

すこし手間かもしれませんが、板が割れるのを防ぐためにも下穴を空けることをおすすめします

shufukaneko
shufukaneko

下穴が空いていると、釘をまっすぐ打つのも楽になりますよ!

下穴に釘を打ち込んでいく
下穴に釘を打ち込んでいく

下穴を空けたら、釘を打ち込んでいきます。角棒が細いので、木材からはみ出さないように垂直に打ち込みましょう

釘を打ち込んで作った枠
釘を打ち込んで作った枠

左右に3箇所ずつ釘を打ち込んでいくと、上の画像のように枠が固定されます。

このままでも利用できるのですが、木材が細くて強度がないためかんたんな「筋交い」を入れていきます。「筋交い」を入れることで、強度が高くなるとともに、枠の歪みを防げます

枠に「筋交い」を入れるイメージ
枠に「筋交い」を入れるイメージ

枠組みの左右に6cmの木材を釘で固定していきます。細かいですが、ここも下穴を空けて作業した方が確実ですよ。

枠に「筋交い」を入れ終わった物
枠に「筋交い」を入れ終わった物

筋交いを入れると上の画像のようになり、持つだけでも強度が増したのが分かります。

shufukaneko
shufukaneko

利用したのは細い角棒でしたが、観葉植物を乗せる程度ならこれで問題ありません!

手順⑤板をはめこんで完成

完成した植物用の棚
完成した植物用の棚

最後に、2つの枠組みに板材をはめ込めば完成です。2つの枠組みは地面に着いた方を外側に広げてハの字にすることで安定しますよ。

shufukaneko
shufukaneko

木工用ボンドを乾かす時間を抜くと、実作業時間はおよそ40分。

めちゃくちゃ簡単に作れました!

棚を作る前の窓際に置かれた観葉植物
棚を作る前の窓際に置かれた観葉植物

窓際に置かれた観葉植物のいつもの光景です。部屋の中でも日当たりが良い場所に置こうと思うと、どうしても窓際の床に直置きになってしまいます。

これだと床掃除がしにくく、ホコリがたまるんですよね。見栄えも良くありません。

作成した棚に乗せられた観葉植物

今回作成した植物棚を置いて、観葉植物を並べた様子です。随分とすっきりとした印象になりましたね。これなら床掃除をする時も困りません

シンプルで主張しすぎないデザインも、ナチュラルでおしゃれな感じを演出していて個人的には気に入っています。

スポンサーリンク

おしゃれ植物棚で作ってみよう

本記事では100均の材料を使ったおしゃれ植物棚の作り方を紹介してきました。

特に今回紹介した物は材料費が安く、作業も簡単で、DIYをやったことがない人にもおすすめの植物です

もし強度的に心配な人は、ホームセンターで木材を調達すれば、もっと立派な棚を作れます。同じ要領で作れば大きな棚でも、テーブルでも作成可能ですよ。

shufukaneko
shufukaneko

切る作業が不安な人は、ホームセンターで1カット30~50円ほどで木材を切ってもらってもいいですね!

ちょっと工夫と、ちょっとのDIYでもっと豊かに生活できます。ぜひみなさんも植物棚を作ってみてくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました