OANDAのデモ口座ならMT4のバックテストができる!デモ口座開設とMT4の設定方法を紹介

FXの経験が浅いとついついその場の間隔で取引してしまいがちですが、再現性の低い方法では安定した利益を出すことは不可能です

安定して利益をあげているプロの人達が必ず行うのが「バックテスト」。自分がやろうとしている取引手法は優位性があるものなのかを事前に検証します。だから勝ち続けられるのです。

でもバックテストって聞いたことはあるけど、どうやってやればいいのか分からないですよね。なんか有料のソフトを買うのも気が引けます。

しかし実はOANDA JAPANの無料のデモ口座無料のMT4というツールを使ってバックテストを行うことができるんです。さらに手順さえ分かっていればかんたんに行うことができるんです。

ということで、本記事ではまずOANDAのデモ口座の開設方法とMT4の設定方法について紹介していきます。

バックテストにはMT4が最適

もっともかんたんにバックテストを行うにはトライオートFXのビルダー機能です。かんたんな設定だけでトラリピやトライオートFXのバックテストを行うことができます。

しかし問題があります。それは期間が指定できないこと。短期間の収益だけでは、バックテストとしては不十分と言わざるをえません。

そこで利用したのがMT4というツールです。

MT4とは

MT4とは正式名「MetaTrader4」といい、世界中のトレーダーに愛される高機能取引プラットフォームです。このMT4は様々なFX会社によって利用されています。

もっとも大きいのはEAというプログラムによる自動売買が可能なこと。イメージ的にはトラリピやトライオートFXと同じことができると思ってもらえればいいです。ただし、さらに複雑なインジケータを利用した自動売買もできます。またEAを自分で作ることもできます。

そしてヒストリカルデータという過去の株価や為替データを取得することで、バックテストも可能になります。まさに鬼に金棒といった感じですね。だからこそ世界中で愛されているともいえるでしょう。

問題は国内で使用できる業者が少ないということ。国内のほとんどのFX会社では、このMT4の利用に対応していません。

OANDA JAPANならMT4が利用可能

そんな時に使えるのが国内のFX会社であるOANDAJAPAN。ここならMT4を利用できます。

さらにリアルなFX口座を開設しなくても、デモ口座でMT4を利用することが可能です。もちろん無料です。

OANDA JAPANのデモ口座の開設方法

デモ口座の開設

まずOANDA JAPANのトップ画面右上の「新規口座開設」ボタンを押すと口座開設のメニューが表示されるので、右下の「デモ口座 新規開設」ボタンを押します。

次に個人情報等、必要な情報を記入していきます。

すべての項目を入力し終えると、下のボタンが「デモ口座ID (fxTradePracticeID) を発行する」に変わります。よければこのボタンを押しましょう。

すると登録したメールアドレスにデモ口座のログイン情報が送られてきます。大切に保管するようにしましょう。ただしこれはMT4のログイン情報とは違うため、MT4を利用するにはもう少し作業が必要になります。

MT4のサブアカウントの開設

少し分かりにくいですが、メール本文のログイン情報のすぐ下にMT4サブアカウント作成の手順が書かれたページURLが書かれています。ここをまずクリックしましょう。

すると上のような画面が表示されます。表示されたら、中央の「デモログインページへ」をクリックしましょう。

デモ口座ログイン画面が表示されると思います。本番口座ではなく「デモ口座」が選択されていることを確認し、メールで送られてきたログイン情報を入力、そしてログインをしましょう。

デモ口座へログインし、上のような画面が表示されたら成功です。次にMT4のアカウントを作成します。画面中央の「MT4サブアカウントの作成」のボタンを押しましょう。

するとMT4サブアカウントについての情報を入力する画面に移ります。口座名は「backtest」など分かりやすい名前を入力しておきましょう。ただし半角英数字と一部の記号しか使用できません。

また口座レバレッジは自分の運用に合った値を選びましょう。レバレッジ25倍を選べば、国内業者にあったバックテストを行えるでしょう。また「この口座を両建て可能にする」にはチェックを入れておきましょう。

作成が完了すると、デモ口座の画面にMT4のサブアカウントが追加されているのが確認できると思います。

さらにメールでログインIDとパスワードが送られてきます。先程のデモ口座へのログイン情報とは別になります。こちらも大切に保管しましょう。

MT4の設定方法

デモ口座の開設が終わったら、次はMT4の設定を行います。

MT4のダウンロード

まずMT4のダウンロードとインストールを行います。

先程のメールにあったMT4のダウンロード画面へのリンクか、もしくは上の画像にあるデモ口座画面中央の「MetaTrader 4 ダウンロード」のボタンを押します。

ライセンス規約への同意を求められるため、よければ「同意する」を押します。

するとMT4のダウンロード画面に移るので「こちらをクリック」のリンクを押して、MT4をダウンロードしましょう。

ダウンロードが完了したら、インストールしていきましょう。

MT4のインストール

ライセンス同意書に同意できたら、「次へ」を押します。

すると数十秒でインストールが終わるため「完了」ボタンを押して、終了します。

その後ブラウザにMQL5のユーザー登録の画面が表示されますが、これは必要ありません。閉じてしまっても大丈夫です。

MT4のログイン設定

MT4のインストールが終わると、自動でMT4が起動してきます。

画面中央に取引サーバーの情報が表示されます。デモ口座の場合は「OANDA-v20 Practice-1」というサーバーを利用します。選択して「次へ」ボタンを押しましょう。

するとデモ口座の申請という画面が表示されるので、「既存のアカウント」を選択してメールで送られてきたMT4サブアカウントのログイン情報を入力して「完了」を押します。

すると無事ログインが完了します。画面左側のナビゲーターウインドウに口座情報が、画面下には受信メールが表示されるので、ログインできたことが分かるでしょう。

まとめ

本記事ではOANDAのデモ口座開設とMT4の設定方法について説明してきました。

MT4が使用できるFX会社が他にもたくさんあります。しかしその多くは海外の業者で、なかなかサーバーにつながらなかったり設定が分かりづらかったりします。自分でもいくつかのFX会社でMT4のデモ口座を開設したことがありますが、本当に苦労しました。

その点OANDA JAPANは国内業者でサイトも丁寧に作り込まれており、安心して利用できます。また国内では数少ないMT4が利用できる会社として重宝します。

次は実際のバックテストの方法をお伝えできたらと思います。それでは。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました