【個人事業主向け】確定申告に使えるおすすめ会計ソフト3選

主夫
主夫

副業でライターの仕事をしてるけど、確定申告すれば税金的に優遇されるんだよね。

フリーランスとして活動し始めたから会計ソフトを導入したいけど、どれも一緒に見えるなぁ。

こんにちは、shufukaneko (@shufukaneko)です。

個人事業主として開業したら避けて通れないものが確定申告。直前になって焦らないためにも今のうちに会計ソフトを導入したいと考える人も少なくないでしょう

しかし開業したての人の多くは、簿記の知識や決算の経験がなく、どんな会計ソフトを入れていいか不安になるでしょう。

そこで本記事の内容です。

本記事の内容
  • 会計ソフトについて解説
  • よく使用される主な会計ソフトを3つ紹介
  • 特におすすめ会計ソフト「弥生 オンライン」の特徴
  • 「弥生 オンライン」の導入の仕方を解説

この記事を書いている僕はこんな人です。会社には属しておらず、個人事業主として活動しています。

こんな人におすすめの記事です
  • 開業したてのフリーランスや個人事業主で、おすすめの会計ソフトを知りたい人
  • 会計ソフトを使って、確定申告に備えたい人
  • 自動で帳簿つけたい人
  • 無料で使える会計ソフトを探している人

おすすめのソフトと導入の仕方についても載せてありますので、これから会計ソフトを導入しようと思っている人はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

会計ソフトとは

会計ソフトはお金の流れを記録するもの

会社であれ、個人事業主であれ1年の終わりには確定申告を行って、所得税を確定および申告する必要があります。

そして確定申告を行う前に必要なのが決算書の作成です。決算書を作成するには、1年間の事業における支出と収入を計算してまとめる必要がでてきます。今までだと、事業に関する支出と収入についてまとめるには膨大な作業と簿記についての知識が必要でした

カネコ
カネコ

実は私自身、簿記の知識なんてほとんどありません・・・。

そこで登場するのが会計ソフトです。会計ソフトがあるおかげで、簿記についての知識が浅い人であってもガイドラインにそって作業を行うことで決算書の作成に必要な支出と収入をまとめる作業ができてしまいます。

また最近では会計処理の自動化が進んでおり、決済情報を取り込んだり、口座情報を取り込んだりすることで会計処理自体を行わなくてもいいようになってきています。

カネコ
カネコ

特に人手も時間もないような、個人事業主や会社を起こしたばかりの人にはありがたい限りですね。

よく利用されている主要な会計ソフト

会計ソフトにも種類はたくさんあり、それぞれに特徴や会計ソフトとしての歴史があったりします。中でも近年増えているのがクラウド型会計ソフトです。

クラウド型会計ソフトは今までのようにパソコンに会計ソフトをインストールする必要がなく、インターネット回線に接続さえできればいつでもどこでも利用できます。またインターネット上でシステムが自動でバージョンアップされるため、法律が変更になっても迅速に対応でき。

ではよく利用されている主要なクラウド型会計ソフト主な会計ソフトを紹介しましょう。

マネーフォワード クラウド会計

1つ目の会計ソフトは「マネーフォワード クラウド会計」です。スマホの家計簿アプリでも有名なマネーフォワードの会計ソフトですね。

特徴はなんといってもクラウドでの処理になっていること。PC (Windows/Mac) とスマホに対応しているので、いつでもどこでも会計処理を行うことが可能です。買い物直後に、忘れないようにお店の駐車場で経費の登録をすることだってできます。

さらにアップデートも無料で行えます。日本の税制は定期的に税率が変更になったり、新しいシステムが作られたりします。しかしその度に買い換える必要はなく、すべて無料でアップデートしてくれます

また家計簿アプリでもそうですが、銀行口座やクレジット会社との連携で、自動で会計データを取り込むことができます。手入力で会計データを登録する必要がなくなるため、大幅な処理時間の削減が期待できるでしょう。

freee

2つ目の会計ソフトは「freee」です。法人向けのクラウド会計ソフトとしてはシェアNo.1を誇ります。

freeeは質問に答えていくだけで、とってもかんたんに確定申告書類を作成することができます。現時点で、質問に答えることで申告書類を作成できるのは、このfreeeだけです。

またレシートの写真をスマホで撮影するだけで、AIが決済情報を読み取りって自動でシステム内に取り込んでくれます

さらに電子申告にも対応しているため、自宅で確定申告を済ませることが可能です。ちなみにMacで電子申告に対応しているのはfreeeのみになります。

弥生会計 オンライン

3つ目の会計ソフトは「弥生会計 オンライン」です。もともと弥生シリーズという会計や給与に関するソフトを販売してきた会社の会計ソフトです。

弥生会計でもスマート取引取込という機能を使って、銀行明細やクレジットカード取引、さらにレシート情報の取り込みや仕分けも出来ます

またシステムからは様々な形式でのレポート作成が可能で、確定申告や決算書のためだけでなく、日々の業務の改善にも役立てられます

サポート体制も非常に充実しており、システムについての質問はもちろん会計仕分け等についても質問できるコースも用意されています

スポンサーリンク

個人事業主に特におすすめの会計ソフトは「弥生 オンライン」

個人事業主やフリーランスの方に特におすすめの理由が次のとおりです。

初年度無料で利用できる

初めて青色申告を行う人、また会計ソフトを導入する人にとって会計ソフトの良し悪しを見分けるのは至難の業です。そこで重要になるのが無料でどこまで利用できるかというポイント。

各ソフトの無料で利用できる期間は次の通りです。

  • マネーフォワード → 1か月間
  • freee       → 30日間
  • 弥生 オンライン  1年間

会計の処理は1年間を通して完了します。そのため1か月の試用ではすべての会計処理を試してみることは難しいでしょう。

そう考えるとやはり1年間無料で試用できる「弥生 オンライン」は非常に大きな選択肢になります。もちろん途中でキャンセルして他の会計ソフトに乗り換えることも可能。思いっきり試せますね。

カネコ
カネコ

1年目の経費を抑えられるのも嬉しいですね。

仕分けについても相談できる

会計初心者がもっとも困ることの1つが「勘定仕分」。

簿記についての知識が豊富な方であれば困らないかもしれませんが、会計初心者にとってはどの支出がどの勘定科目になるのかがさっぱり分かりません

カネコ
カネコ

家の家賃とかどうやって計算すればいいのかさっぱりでした・・・。

そんなときに利用できるのが、弥生のサポートセンターです。なんと専門スタッフが業務や会計についての相談までのってくれます。勘定科目の相談もできちゃいます

申込むプランによってサポート内容は異なってきますが、会計ソフトとしての長い歴史と充実したサポート体制があるからこそのサポート内容といえるでしょう。

自分にあった種類を選ぼう

個人事業主や会社を起こしたばかりの方に特におすすめの会計ソフトは「弥生 オンライン」です。「弥生 オンライン」には次の種類があります。

個人事業主で青色申告を行うことが目的の方は「やよいの青色申告 オンライン」、小規模事業者の方で会計状況を詳しく把握したい方は「弥生会計 オンライン」を利用するといいでしょう。

スポンサーリンク

「弥生 オンライン」の導入の仕方

次に「弥生 オンライン」の導入方法についてです。今回は「弥生 オンライン」の中でも個人事業主向けの青色申告ソフトである「やよいの青色申告 オンライン」を例にとって説明していきます。

公式サイトからプランを選択

まず弥生の公式サイトから「やよいの青色申告 オンライン」のページへ移動します。中央の「申し込む」ボタンをクリックしましょう。

するとプランの選択画面に移ります。選択できるプランは次の3つ、主な違いは「料金」と「サポート内容」です。

  • セルフプラン「8,000年 (税抜) → 無料」 ・・・ サポートなし
  • ベーシックプラン「12,000円 (税抜) → 6,000円 (税抜) 」 ・・・ 操作質問が可能
  • トータルプラン「20,000円 (税抜) → 10,000円 (税抜) 」 ・・・ 操作質問、業務相談が可能

今回は無料で1年間利用できる「セルフプラン」を選んでいきたいと思います。

登録フォームから契約情報を登録

必要な情報を入力して、「登録する」ボタンをクリックします。

プランの内容と料金を確認したら「次へ」をクリックします。

再度確認して、よければ「次へ」をクリックしましょう。

次にサービス利用情報を登録していきます。システムの中に登録されるので、慎重に登録していきましょう。

次に決済情報を登録していきます。支払い方法は「クレジットカード決済」と「口座振替」の2種類から選択できます。

すべての契約内容の最終確認を行ったら「申込を確定する」をクリックしましょう。

メールアドレスの確認

登録したメールアドレスの受信メールを確認すると、メールアドレス確認のメールが届いています。

メール内のリンクをクリックしたら、メールアドレスの確認が完了します。

リンクの「弥生 マイポータル」の画面で、画面の上に「やよいの青色申告 オンライン」が表示されていれば正しく契約できています。お疲れ様でした。

スポンサーリンク

まとめ

本記事では個人事業主向けに、会計ソフトの導入方法についてお伝えしました。

自動で金融機関との連携を行える機能もありますが、金融機関によってはさかのぼれる期間に制限があります。せっかく会計ソフトを導入しても遅すぎては意味がありません。

年度末の確定申告直前にバタバタしないためにも、今のうちから日々の取引情報を入力して準備しておくといいですね。

それでは。

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 初年度は無料!!個人事業主の初めての会計ソフトは弥生 オンライン一択… […]

タイトルとURLをコピーしました